blog.stillnewbieee...net.

CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< フィレンツェ、ピサ、ボローニャ | main | 風邪薬(フラベリック錠)副作用 >>
ヴェネツィア
ピサとボローニャ旅行のベースとなったフィレンツェのホテルも脱出。

ユーロスターで一路ベネチアへ。
イタリアの鉄道は、地下鉄は別として、改札口がない。
自分で券買って、近くの機械で検札し、電車に乗るだけ。
改札口作った方が良いと思うんすけど。無賃乗車し放題な気が。。
(ちなみにポルトガル人(portoghese)は、イタリア語で「無賃乗車」
なんだそうだ。へぇ〜なんで?)
そのくせ、駅のトイレの前には改札口みたいなのがあり、
1ユーロ投入するとゲートが開く。
なんでトイレを先に電子化するのよ。。

とにもかくにも、ベネチア サンタルチア駅に到着。
駅を出ていきなり驚愕。

「うぉ〜まさに海運都市!」
venezia
車ねえチャリねえ。あるのは人と水上の乗り物のみ。

venezia
こいつぁ2,3日歩き廻っても飽きない、価値ある街並みだわ。

初日は、ベネチア映画祭を見たい!という理由で、
2人でベド島?だかに上陸。
しかし、すでに終わっておった。
代わりにレンタサイクルでチャリ借りて、島を一周。
小さい島だとなめてたら、想像以上に面積が大きく、
一周に2時間以上かかる。ガチでサイクリングしてしまった。
でもイタリアで優雅にサイクリングできるとは思わなんだ。贅沢だ。

初日はほぼ移動とサイクリング、あと軽い海水浴と、
なぜかボーリングやって終了。
で、ポルトガル人(名前忘れた。ジュリなんとか)は、
ベネチア本島のホテル泊まることとなり、
自分は本島のホテルは高すぎたので、大陸(メストレ)まで戻り、
安いホテルに泊まる。
ここでまた1人旅に戻る。
言葉も何も殆どわからんかったけど、余計おもしろかった。
今度お互いの国に行くよ的なありきたりの握手してさよなら〜
portoghese


2日目は、ベネチアをずっと散策。
美術館、ショップ、食べ物、ワイン、全部堪能。
美しい街じゃぁ〜。
venetia

3日目は若干ネタ切れだったが、行ってないところを廻って終了。
やっぱミラノ行きたかったなあ。




4日目はマルコポーロ空港から帰国。
ベネチア近くの空港から帰ることは知っていたものの、
やや遠い場所にも空港があり、どっちか迷った。勘が冴えた。
水上バスで空港行くと高いので、最後は異国情緒を無視してバスで向った。
というか、最終日の前日で金が尽き、メシも抜き(笑)
ギリギリで日本に帰りました。



いやしかし、おもろい旅行だった!
一時はどうなることかと思ったが、もっと弾丸トラベルにすれば、
フランスのモナコぐらいまでは行けたな。
反省点としては、美術館に行っても大して知識がないので、
金をドブに捨てているに等しかったこと。
知識と感性がしょぼい。

人もあったかくて、外見もかっこいい。
何やってもかっこいいよイタリア人。ジローラモばっかり。


ピザは最低1日1枚、ジェラートは最低2個食ってた。
gelateria in venezia

じっくり見れたので、と〜ぶんイタリアはいいや。
最後はもう記憶もあいまいとなり、グダグダの備忘録やな
| 既出 | 22:17 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする